岩手県北上市の歯医者、おだしま歯科クリニック

インプラント

インプラントをお考えの方へ

もし,歯を抜いたら・・・,歯が無くなったままなら・・・・・

インプラント治療を是非ご検討下さい!
従来のブリッジや義歯と比較して快適な毎日の生活を お約束できる治療法です。
当院では安心・確実のインプラント技術と10年保証制度で患者様をバックアップします。

安心▶安心の10年保証

技術力▶担当医師の確かな腕・技術

明朗会計▶明朗会計で治療に専念

インプラントってなんだろう?

歯のない部分の顎の骨に人工の根(インプラント)を埋め込み、その上にかぶせものをすることです

インプラントって名前は耳にしたことがあるけど、なんだか恐そうで・・・・ 患者様と話をしているとそんな声をよく耳にします。インプラントとは簡単に言うと失われた歯の変わりに人工の根っこを顎の中に埋め込む手術のことです。 特殊な表面処理を行ったチタン製のインプラントを骨の中に埋め込むと,骨の組織とチタンががっちりと結合しすることでしっかりと咬むことが出来るようになります。インプラントが失敗するのは骨とインプラントがしっかりと結合しない場合です。

現在ではインプラントの研究・開発が進み、そのメカニズムが明らかにされたことで、安全性の高い一般的な治療方法と認知されるようになりました。入院は不要で、術後の腫れや痛みも歯を抜くのより少ないことがほとんどです。

 

フィクスチャーはあごの骨と結合して歯根の役目を果たすチタン製の部品で、ネジのような形をしています。 手術は通常2回(1回ですむ場合もあります)行います。1回目の手術では歯肉を開いて顎の骨にインプラントを埋め込み、歯肉を縫合します。その状態で 下顎なら2~3ヶ月、上顎なら3~4ヶ月ほど待ちます。 その間にインプラントと骨が結合するわけです。2回目の手術で再び歯肉を開き、『アバットメント」という連結部分を固定します。2回目の手術後、数週間で型取りをして「セラミック冠」を作ります。咬み心地はもちろん、見た目もご自身の歯のように仕上がります。

 

アストラテックインプラントシステム<Conical Seal Design(TM)>

アストラテックインプラントシステム

アストラテックインプラントは、世界的な製薬、医療器具メーカーのアストラゼネカグループのアストラテック社開発のインプラントです。
世界中の口腔外科医、歯周病専門医、補綴専門医、歯科技工士の協力を得て、取り扱いが容易でかつ適用範囲が広く、マージナルボーンロス(インプラントの周りの骨の吸収)が最も少なく、信頼性の極めて高いインプラントシステムです。

インプラントの特徴

失った歯が1~2本の場合、隣り合った健康な歯を支えとする「ブリッジ」や、 歯ぐきに吸着させるタイプの総入れ歯を作るのが一般的な解決法として普及 しています。 インプラントの特徴は

●自然な見た目

●隣接する歯に影響を与えません(歯を削りません)

自分の歯とかわらない感覚(丈夫で噛みやすい)

取り外し不要

などがあげられます。またインプラントは、10年以上に渡って健康な歯を 痛めることなく機能している確率が96%以上というデータもあります。

インプラントと入れ歯とブリッジについて

入れ歯は歯ぐきにかぶせて乗せただけであるため、お口の中で動き易く、違和感を強く感じさせがちですが、インプラントはあごの骨に直接支えられ、自分の歯がかつてそうであったように、歯で噛む振動がそのまま骨にも伝わり、ご自分の歯と変わらぬ感覚になるわけです。 食事が美味しいだけでなく、この骨への刺激が老化を防ぐことにつながるのです。

歯が抜けてから時間が経つと、あごの骨もだんだん痩せていき、ぴったり合わせて作ったはずの入れ歯もがたつくようになります。さらに入れ歯が歯ぐきにぶつかるその刺激に反応して、ますますあごの骨がやせ細っていきます。

インプラントの場合は噛む刺激が直接骨の代謝を促し、骨の減少を防ぎ、健康なあごの状態の維持につながります。

どうして人間の身体にとって異物であるはずのインプラントが身体に受け入れられ、自分の歯のような感覚で使えるようになるのでしょうか?

それは人工歯根がただ単に骨に埋められているだけでなく、あごの骨と直接結合して、まるで生きている骨として取り込まれたように安定した状態になるためです。

一方のブリッジとは失った歯の両隣の歯を削り、つながったかぶせものを装着する方法です。健康な歯を削らなければならず、さらに支えとなる歯は余分な力も負担せねばならないことから、どうしても歯の寿命を縮める傾向になってしまいます。

インプラントの術式

インプラントの術式を大きく分けると以下の2種類があります。顎の骨の状態などで1回法と2回法を使い分けます。ご自身にどちらが適するか、遠慮なくご相談下さい。

<1回法>

インプラント埋入時にアバットメントまで装着します。外科処置は1回ですみます。歯を抜いてその直後にインプラントを埋めます。

<2回法>

インプラントを埋める一次手術と、アバットメントを連結するための二次手術を分けて行います。最も一般的な治療法です

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング

インプラントが可能かどうか、治療期間や治療費についてご相談します。

2.診査(1回目)

レントゲン写真の撮影お口の型どり(診断用ステントを製作します。)

診断用ステントとはインプラントを安全に埋めるために方向や長さを決定する事に使う装置のことです。

3.診査(2回目)

診断用ステントをお口の中に入れてレントゲン撮影(必要であればCTを撮影する場合もあります)使用するインプラントの太さ・長さ・位置を決定します。

4.1次手術

インプラント埋入

・・・ 治癒期間 (インプラントが骨としっかり結合するのを2~4ヶ月待ちます)

5.次手術

アバットメント(連結部分)を装着します。

6.型取り

セラミックのかぶせもの作り、装着して終了です。

治療費について

インプラントはあごの骨と結合して歯の根っこの役目を果たすチタン製の部品で、ネジのような形をしています。
当院では、より安全性の高い2回法を主に行っておりますが、症例によっては1回法を選択する場合もあります。
また、インプラント治療は保険適用外となっております。
大きく分けて以下の3つの処置に応じて費用が発生いたします。

①1次手術 (インプラントの埋め込み)

1回目の手術では歯肉を開いて顎の骨にインプラントを埋め込み、歯肉を縫合します。その状態で下顎なら2~3ヶ月、上顎なら3~4ヶ月ほど待ちます。 その間にインプラントと骨が結合するわけです。

②2次手術 (かぶせものを装着するための連結部分)

2回目の手術で再び歯肉を開き、『アバットメント」という連結部分を固定します。

③上部構造 (最終的なかぶせ物)

数週後に型取りをして最終的名かぶせ物を作ります。 咬み心地はもちろん、見た目もご自身の歯のように仕上がります。
または以下のかぶせ物の種類からお選びいただけます。

初回診査料:15,000円

インプラント: 400,000円 /本  (セラミック冠を含む)

骨造成・歯肉移植:50,000円/部位

上記価格にはカウンセリング料、診査診断料、レントゲン影料、診断用ステント作製料、かぶせ物の型取り料のすべて含まれます。
(*診断用ステントとはインプラントを安全に埋めるために方向や長さを決定する事に使う装置のことです。)

インプラント治療は誰でも受けられるの?

術前に十分な診査を行い、適応症を判断します。

お口の中の診査としては『インプラントを埋めるために十分な顎の骨の量があるか』『インプラントを埋める方向や損傷の危険のある神経の有無』を確認します。

以下のような全身的要因のある方、また、お口の開きにくいかた、顎関節症と診断されている方、歯ぎしりをされている方は事前にインプラント治療を受けるに際し担当医とご相談下さい。

糖尿病 空腹時血糖

0~110mg/dl 正常

<120mg /dl  要注意

<140mg/dl  不可(コントロール出来ていれば可)

高血圧

<150 / 90mmHg  コントロール下で

<180 / 110mmHg 不可

心疾患

通院・投薬の有無

手術既往(ワーファリン・バファリンの内服) 内科と連携します

感染症
出血性素因
精神的要因
不可
隠れ病人(自覚のないもの) 1年以内の健康診断の有無→
一般的な臨床検査を内科で受けていただきます

インプラント治療の実際

術前の状態です。ここにインプラントを埋めていきます。

手術は完全に清潔な環境下で行います。一次手術の後、二次手術を行い、アバットメントを装着した状態です。

歯肉の状態が落ち着いたら型取りをします。

セラミックの冠をかぶせて終了です。失った歯が再び戻りました。咬み心地も良好です。

治療後はご自身の歯のむし歯予防、歯周病予防のためにも、 定期メインテナンスに来院頂いています。 (メインテナンスに来院頂けない方は10年保証制度の対象外となります)

インプラント術後について

▶インプラント治療後には、入院が必要ですか?

入院の必要はありませんが、インプラント治療後の激しい運動はお控えください。

▶手術後には、気をつける事はありますか?

当日はジョギング・水泳など激しい運動、そしてアルコールは避けて下さい。また、治療当日は長時間の入浴は好ましくありません。(軽いシャワー程度でしたら問題はありません。)サウナは1週間ほど控えて下さい。

▶インプラント治療後の食事は、どうしたら良いですか?

欠損部が少なければ、香辛料など刺激がきつい物や、極端に熱いもの・冷たいものを避ければ、普段と変わりないお食事で結構です。たくさんのインプラントを埋めた場合は、埋め込んだインプラ ントに、食べ物や義歯によって力が加わる事を、できるだけ避けなくてはいけません。2~3日は噛まなくても済む、流動食に近い物を食して下さい。

 

歯のない部分を補う方法価格表

ブリッジの種類と価格表


トップへ戻る